活動報告

2018/02/15

【レポート】2月15日(木)菊池英博さんを迎えて月例勉強会を開催しました

 

月例の昼食勉強会を開催させていただきました。講師は経済学者の菊池英博さんで、テーマは「なぜ、超金融緩和で国民は幸福になれないのか。~黒田日銀政策の検証~」。
菊池さんは予てから、安倍政権の推し進めるアベノミクスの金融政策を疑問視し警鐘を鳴らしてこられましたが、図表を使ってご説明いただく中に、4年半にわたる金融緩和策の失敗が改めて浮き彫りとなりました。実質賃金はこの間に平均約27万円減少し、336兆円増えたマネタリーベースのうち約半分の171兆円は海外への投機マネーとして国外へ流出してしまい、国も国民もより貧しくなっていました。
それにも関わらず、金融緩和策を継続し、黒田総裁の続投が有力視されている現状を憂い、景気再浮揚のための出口戦略として、量的緩和の終了、金利の引き上げ、ETF(上場投資証券)購入の廃止、投機マネーの成長マネーへの切り替えなど、様々な政策の提言をご教示いただきました。勉強会に参加されている方たちは、企業経営者の方も多く、質疑応答の際は経済・金融政策に対しての活発な議論が交わされました。

 

IMG_0201

2018/02/14

【お知らせ】 2月16日(金)ニューズ・オプエド出演のお知らせ

2月16日(金)17時00分~ 上杉隆さんの「ニューズ・オプエド」に出演いたします。
放送予定は下記の通りです。皆様ぜひご覧ください。
 
番組名 :報道ライブ「ニューズ・オプエド」(外部リンク)
    ※ニューズ・オプエド公式サイトより番組をご視聴いただけます
テーマ :「明治維新150年を迎えて思うこと」
出演時間: 17時00分~18時00分

2018/02/08

【お知らせ】2月11日(日)TOKYO MX「激論!サンデーCROSS」出演のお知らせ

 

2月11日(日)11時59分~ TOKYO MXテレビ「激論!サンデーCROSS」(地上波デジタル:9ch) に生出演いたします。テーマは「平昌五輪開幕 朝鮮半島情勢をどう見るか」です。
放送予定は下記の通りです。皆様ぜひご覧ください。
 
番組名:激論!サンデーCROSS(外部リンク)

 
出演時間:12時40分~13時20分頃

2018/01/25

【レポート】1月25日(木)佐藤優さんを迎えて月例勉強会を開催しました

 

今月の月例勉強会に講師としてお招きしたのは、作家で元外務省主任分析官の佐藤優さん。
ご多忙の中、快く講演の依頼をお引き受けくださり「これからの世界情勢と日本外交」のテーマでお話しいただきました。
佐藤さんは冒頭、私が強く反発をしている、トランプ大統領来日の際の横田基地からの入国は日本がアメリカの属国であることを示す象徴的な出来事である、という主張に共感頂くと共に、もう一つの視点として、現在も休戦状態の朝鮮戦争における国連軍側の後方本部として、横田基地は機能しているというメッセージを北朝鮮に対して発信する意味もあると指摘されました。
続いて、その北朝鮮が核兵器やICBMを保有することに成功したことは、ある意味では金正恩の国際社会におけるパワーゲームでの勝利であるとし、その脅威を取り除くには、圧力ではなく対話と妥協が重要であると述べられました。そして、ロシア側が北朝鮮情勢をそのように分析していることから、それと比較しての日本政府の現状認識の甘さを批判し、外交戦略の見直しを求めていました。
また、ロシアとの北方領土に関する問題については、佐藤さんが一貫して主張してきた二島先行返還と平和条約の締結の実現について、改めてご説明いただきました。重要なことは、日本は敗戦国であり、サンフランシスコ講和条約において放棄したはずの択捉・国後を、後にまた返還を要求するようになるなど、一貫性のない主張をする日本側にも責任があると述べられました。そして、その事を踏まえたうえでこの問題を進展させるのであれば、常に交渉の余地を残しつつお互いの妥協点を探ることが必要だとし、その現実的な案が上述の主張であるとのことでした。
質疑応答では、参加者の皆さんから様々な意見・質問が寄せられ、私も発言の機会を頂くなどし、充実した勉強会となりました。

 

IMG_0201

2018/01/16

【お知らせ】 1月17日(水)ニューズ・オプエド出演のお知らせ

 

1月17日(水)17時00分~ 上杉隆さんの「ニューズ・オプエド」に出演いたします。
放送予定は下記の通りです。皆様ぜひご覧ください。
 
番組名 :報道ライブ「ニューズ・オプエド」(外部リンク)
    ※ニューズ・オプエド公式サイトより番組をご視聴いただけます
出演時間:17時00分~18時00分

Copyright© 2007-2016 Office Koki Kobayashi All rights reserved.