活動報告

2017/09/20

【レポート】9月20日(水)佐高信さんを迎えて月例勉強会を開催しました

 

にわかに国政が慌ただしくなってきた中での月例勉強会の開催となりました。
今月の講師は、ジャーナリストで評論家の佐高信さん。ご自身の体験を元に、「わが筆禍史と舌禍史-権力とジャーナリズムの関係」と題してご講演をいただきました。佐高さんといえば歯に衣着せぬ発言と舌鋒鋭い批評で有名ですが、本日も一段と冴えわたっていました。
まず最初に、現在の政治を取り巻くジャーナリズムの状況についてご説明いただきました。
特に近年、政治権力にすり寄り民意に媚びる学者や評論家、ジャーナリストなどがマスコミで重用される傾向が顕著になり、政権へのチェック機能が衰えた結果が一連のスキャンダルへとつながったのだと述べられ、日本のジャーナリズムとマスメディアの在り方に警鐘を鳴らされていました。また、権力を厳しく追及するジャーナリズムの本来の精神を後退させないために、新聞やテレビといった媒体となる企業も、記事や報道の責任者が裁判で訴えられた場合に、欧米のように組織として対応できるように備えるべきだと述べられました。
次に、佐高さんがこれまで執筆活動などを通じて関わってこられた様々な政財界の著名人の言動について、各々ご説明とご批評をいただきました。総じて辛口ではありましたが、自分と意見や考えが異なる人についても、評価すべきところは正当に評価しており、改めて佐高さんの懐の深さが窺えた次第です。
また北朝鮮の問題についても触れられ、そこでは対話による外交政策の重要性を説かれました。現政権が目前の状況にだけ捕らわれて判断を誤り、高圧的な対策を講じた結果、より危機的な状況に日本が陥らないかを危惧されてました。その際には、私と関係の深い亀井静香先生の提言を引用しご説明され、高く評価されていました。
本音で語られる佐高さんのご講演は参加者の方からも非常にご好評いただいたようで、充実した中身の濃い勉強会となりました。

 

DSCN4689

2017/08/25

【レポート】8月25日(金)日高義樹さんを迎えて月例勉強会を開催しました

 

今月の月例勉強会は国際政治ジャーナリストの日高義樹さんを講師としてお招きし「日本の危機と国家戦略」と題してご講演をいただきました。
日高さんは普段はアメリカ・ワシントンD.C在住で夏場だけ日本に戻ってこられるため、毎年この時期の勉強会の講演依頼をしているのですが、今回も快く引き受けてくださいました。
アメリカの政治経済の問題については、日高さんの長年に及ぶアメリカでのジャーナリスト生活の中で築き上げた独自の情報網をもとに現トランプ政権を構成する勢力図や人間関係を詳細に分析し、そのことが今後の経済・外交・軍事政策にどのように影響を与えるかをご説明頂きました。中でも、アメリカの外交政策、特に中国・北朝鮮問題への対応は、日本政府として、アメリカ側から発信される情報をただ鵜呑みにするだけでなく、トランプ大統領のこれまで積み上げてきた実業家としてのキャリアや人間性なども考慮したうえで、その真意を的確に捉えることが重要だと述べられました。
また、北朝鮮による核開発や大陸間弾道ミサイルの発射実験は、その主たる目的は中国からの侵略を防ぐためにアメリカの軍事力と関心を東アジアに留めておくためである、とのご説明は、今までの私の現状認識にはあまりなかった視点であり、今後の東アジア情勢を分析・研究していくなかでも、注目すべき判断材料となりそうです。
ワシントンからの最新の中枢情報を聞けるということで、参加していただいた皆さんの関心も高かったように感じられました。

 

DSCN4660

2017/07/27

【レポート】7月26日(水)小川和久さんを迎えて月例勉強会を開催しました

 

今月の月例勉強会は、軍事アナリストの小川和久さんを講師としてお招きし「米朝チキンゲームの中間総括」の演題でご講演をいただきました。
北朝鮮の金正恩体制となって以降の核・大陸間弾道ミサイルの開発や実験の活発化、その背後に見える中国やロシア、さらにはアメリカとの関係や思惑などを様々な面から分析・検証し、今後の展望なども含めてご説明いただきました。
なかでも、現在頻繁に報道されている大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験については、その映像をもとに科学的な矛盾点や問題点等を指摘し、マスコミや政府に対して冷静な報道と危機管理の対応を取るよう強調されていました。
また日米の安全保障問題に関しては、トランプ政権に対しても東アジア情勢の緊迫する様々な問題に取り組むべく、現実的な対応としての緊密な連携と協力関係を継続すべきだとのことでした。講演に参加された方々も、日々高まる対外的な圧力や脅威に対しての危機意識・問題意識を強く持っている方が多く、様々な質問やご意見をいただきました。

 

DSCN4641

2017/07/04

【レポート】7月4日(火)「小林興起君と語る政経懇話会」を開催いたしました(2/2)

 
 

DSCN4641

 

加瀬 英明先生


 

私は小林興起先生とは古くなります。もう長い間、小林興起先生の応援団の一人を務めてきました。小林先生は昔から先見性、先を見るしっかりとした目を持たれていて、日本はアメリカから独立しなければいけないという事を言ってこられました。
今、トランプ政権下のアメリカは、アメリカは超大国ではない、アメリカだけ良ければよい、アメリカファーストという事を言うようになっています。
ですから小林先生が以前から言ってこられたように、日米の友好関係を大事にしながらも、日米対等の関係を築かなければなりません。
今年は明治元年から数えて、ちょうど150年目にあたります。
日韓関係をとると、この144年間全く変わっていません。
144年前というと明治6年ですが、当時の日本は今のソウルに大使館を持っていなくて、釜山に倭館という日本の代表所を持っていました。
朝鮮の政府がその倭館の前に日本を罵り、誹謗中傷する大きな立札を建てました。それに対して日本政府は、朝鮮政府に対して、これを撤去するように強く求めましたが、朝鮮側はこれを受け入れませんでした。
その為に東京では西郷隆盛をはじめとして、征韓論が起こります。
今、韓国は我がソウルの大使館の前に置いた慰安婦の像、釜山の総領事館の前に置いた慰安婦の像、これが国際条約の違反であるのにもかかわらず、撤去する事を拒んでいます。
片や明治の初年度の日本にとっての最大の脅威は朝鮮半島から発していました。日本は朝鮮半島を巡って、まず、中国である清国、そしてその次はロシアと、死活をかけて戦う事を強いられました。
今、北朝鮮の脅威が募る中、日本は慄くようになっています。
また、中国の脅威も募るようになっています。ですから日本は今、150年前の幕末の日本と全く変わりません。しかし、どうしてアジアの国の中で私達日本だけが、見事に明治維新という近代化を行って、たちまちのうちに、白人が支配していた世界のなかで、有色人種として一等国になることが出来たのでしょうか。
それは幕末の日本人が、日本を想う強い信念、熱い血と心を持っていたからでした。今日本はまた幕末と同じ状況に直面しています。
日本は独立心を一日も早く取り戻して、ジャパンファースト、トランプさんは“Make America Great Again”と言っていますが“Make Japan Great Again”の気概に満ちて、これから前途を拓かなければならないというのに、今の日本人にそれだけの活力があるものでしょうか。
私が小林先生に一番期待しているのは、この日本に活力を取り戻す仕事をいっそう取り組んでいただきたいと思います。
応援団の一人として、今日皆様が大勢お集まり下さいまして、小林頑張れとおっしゃっているのに、胸が熱くなるような思いがいたします。ぜひ皆さん、これから小林先生を旗頭にして、この日本を守り、日本を盛り立てていきましょう。

 
 


 
 

DSCN4641

 

孫崎 享先生


 

日本は今、大変な岐路に来ていると思っています。
今度の都議会選挙で、安倍政権にNOを明確に示しました。私達はこれから、安倍政権の後、どのような日本を創るかという事を考えなくてはいけない時代に来ていると思っています。
そして時を同じく今、世界を見ますと、ドイツのメルケル首相は「アメリカについていく時代は終わった」という事を言っています。
日本の行く道、世界情勢も国内情勢も私達は新たな道を探し、それに向かって動かなければならない時期に来ていると思います。
日本人論として一番優れた本、ルース・ベネディクトの『菊と刀』という本があります。
「示された道を歩く事は出来るけれども、日本人は自分で地図を作る事は出来ない」という事が書かれています。けれど今、私達は、自分たちで地図を作らなければならない時期に来ていると思います。
地図を作るには、知性とそして高い意識。政治家として日本国民の為に、日本の為に道を築くという姿勢が望まれると思っています。
残念ながら、知性と覚悟を決めた政治家を日本の中で探すのは非常に難しい。けれど、小林先生は両方持っておいでになります。
日本が新しい道を作らなければならない、そしてそれを切り開かなければならない時代、小林先生が今後ますますご活躍出来るよう心から願っています。

2017/07/04

【レポート】7月4日(火)「小林興起君と語る政経懇話会」を開催いたしました(1/2)


7月4日(火)ホテルニューオータニに於きまして「小林興起君と語る政経懇話会」を開催いたしました。ご参集いただきました来賓の皆様のご挨拶の要旨を、一部ご紹介いたします。

 

DSCN4641

 
 


 
 

DSCN4641

 

亀井 静香先生


 

今日ここに来られた方々は少数ではあるかもしれませんが、皆小林氏の友人であり、同志です。私が四十年前、故郷に帰った時、初めに私を応援してくれた方は二、三人程でした。ですが、その僅かな人達が徹底的に動いてくれたおかげで当選する事ができました。
高杉晋作も、長州藩内で孤立した状況下で、倒幕の挙兵を決行しました。協力者は伊藤博文らわずかでしたが、長州藩の藩政を掌握し、維新へと繋げる事ができました。
織田信長も桶狭間の合戦において、圧倒的な兵力差に怯む事なく、単身で敵陣へ向かいます。結果、奇襲は成功し、彼は天下統一へのスタートを切る事ができました。
今日、おかしくなった日本、そして世界に対し、異を唱える者は一人しかいないかもしれません。しかし、僅かでも協力する者がいれば、状況は変わるでしょう。
トランプのアメリカ、プーチンのロシア、そして習近平の中国…世界は獰猛な大国によってかき乱されつつあります。これに対抗するには、日本と韓半島が一緒になり、協力する必要があります。これは「新アジア主義」と言えるかも知れません。私は幾度も韓国を訪問していますし、北朝鮮も訪問したいと考えています。
皆様方には迂遠な理想と思われるかもしれませんが、歴史が求めている事は必ず実現します。それにはまず行動しなければなりません。
私は小林氏のファイトに感服しています。踏まれても、踏まれても、すぐ立ち上がる。この様な政治家が今、国会におりますか? 
政治理念も持たず、有力者の庇護を求めて右往左往する者ばかりではないですか。
小林氏も似たような事をすれば相応の地位に就けたかもしれません。しかし、彼にはそんな真似は出来なかった。これが政治家・小林興起の価値だと思います。困難な時代を迎えた今こそ、彼の様な一本気的な政治家が活躍する時が来たと言えます。彼に必要なのは友人、同志の協力です。皆様方で彼を支え、一緒に「世直し」を成し遂げましょう。

 
 


 
 

DSCN4641

 

鳩山 友紀夫先生


 

私は政治の世界からは引退した身であり、この様な晴れがましい舞台に上がるのは久しぶりです。小林興起さんがまた新しい事に挑戦すると聞きまして、私自身、感じるところがあり、今日この場に馳せ参じました。先日の東京都議会選挙の結果について、自民党の敗因は、有権者の、たとえば共謀罪のような政策に対する不信、不安もあったかもしれませんが、それよりも政治家そのものに対する不信感が強くでたものでしょう。多くの疑惑に対して、逃げてばかりで国民に説明もしない姿に、多くの有権者は自民党を見限ったのです。
しかし、選挙とは本来、政策で戦うものですから、本来問われるべきは安倍政権の政策です。その政策は本当に日本国民の為のものなのでしょうか。国民本位ではなく、外国の政府、巨大資本の為のものではないでしょうか。
安倍総理は、トランプ氏が大統領選挙で当選するやいなや、真っ先に駆け付けました。これは象徴的なシーンでしたね。安倍政権が国民本位ではなく、米国本位で動いている事は、多くの政策を見ていれば分かると思います。今大切なことは、対米従属の安倍政権に対し、対米自立、日本独立の信念を掲げた政策を突き付ける事です。しかし、その様な政策を掲げる政党があるでしょうか?小林さんが代表を務める国民党は、国民本位で政策を掲げ、日本を蘇生するという目標を掲げる、唯一の国民政党です。小林さんには、ぜひもう一度、対米自立の旗を掲げ、国政選挙の場で戦って頂きたいと期待しています。
現在の状況下では総選挙はまだ先の事になるでしょう。自民党内部にも変化が起こるかもしれません。来るべき国政選挙に備え、真に独立国家を目指す為の、新たな挑戦が始まる、その瞬間が今であるかもしれません。今後とも、小林興起さんを応援し、皆で日本の独立を勝ち取って行きましょう。

 
 


 
 

DSCN4641

 

山田 正彦先生


 

小林興起さんと一緒に、アメリカに対してのTPP問題をずっと頑張ってきました。
なんとかしなければならないという思いから、負けても、負けてもなお闘うという気力。
これが本当の政治を志す者の心意気だと頭が下がります。
日本の為に、次、どのようなことを考え、どのような選挙に、どのようにして出て行くか。
いずれにしても、小林さんを皆で応援しようではありませんか。
これからの益々のご健勝、ご活躍を祈念いたします。

Copyright© 2007-2016 Office Koki Kobayashi All rights reserved.