活動報告

2018/01/25

【レポート】1月25日(木)佐藤優さんを迎えて月例勉強会を開催しました

 

今月の月例勉強会に講師としてお招きしたのは、作家で元外務省主任分析官の佐藤優さん。
ご多忙の中、快く講演の依頼をお引き受けくださり「これからの世界情勢と日本外交」のテーマでお話しいただきました。
佐藤さんは冒頭、私が強く反発をしている、トランプ大統領来日の際の横田基地からの入国は日本がアメリカの属国であることを示す象徴的な出来事である、という主張に共感頂くと共に、もう一つの視点として、現在も休戦状態の朝鮮戦争における国連軍側の後方本部として、横田基地は機能しているというメッセージを北朝鮮に対して発信する意味もあると指摘されました。
続いて、その北朝鮮が核兵器やICBMを保有することに成功したことは、ある意味では金正恩の国際社会におけるパワーゲームでの勝利であるとし、その脅威を取り除くには、圧力ではなく対話と妥協が重要であると述べられました。そして、ロシア側が北朝鮮情勢をそのように分析していることから、それと比較しての日本政府の現状認識の甘さを批判し、外交戦略の見直しを求めていました。
また、ロシアとの北方領土に関する問題については、佐藤さんが一貫して主張してきた二島先行返還と平和条約の締結の実現について、改めてご説明いただきました。重要なことは、日本は敗戦国であり、サンフランシスコ講和条約において放棄したはずの択捉・国後を、後にまた返還を要求するようになるなど、一貫性のない主張をする日本側にも責任があると述べられました。そして、その事を踏まえたうえでこの問題を進展させるのであれば、常に交渉の余地を残しつつお互いの妥協点を探ることが必要だとし、その現実的な案が上述の主張であるとのことでした。
質疑応答では、参加者の皆さんから様々な意見・質問が寄せられ、私も発言の機会を頂くなどし、充実した勉強会となりました。

 

IMG_0201

Copyright© 2007-2016 Office Koki Kobayashi All rights reserved.