活動報告

2019/11/21

【レポート】11月21日(木)佐高信さんを迎えて月例勉強会を開催しました


21日に月例の勉強会を開催しました。
今月の講師には、権力の腐敗に対して鋭い論陣を張っておられるジャーナリストの佐高信先生をお招きいたしました。昨年度は「国権と民権」、今年度は「はびこる世襲が日本を滅ぼす」と題してご講演いただきました。
今回は昨年の「国権と民権」というテーマがより深く分かるご講演内容でした。
 
かつて自民党には二つの大きな流れがあったこと、そしてそのうちの一方が消えたこと、今の自民党は国=公であり公が国を超えることがなく、かつての自民党 田中角栄派流の「公は国を超える」という意識がなくなってきていること等を主軸にお話いただきました。一部ご紹介いたします。
二つの大きな流れとは、石橋湛山氏、池田勇人氏、田中角栄氏等に象徴される「民権派」、もう一つは岸信介氏、福田赳夫氏、小泉純一郎氏、安倍晋三氏等に象徴される「国権派」と呼ばれるもの、そして自民党からいつしか消えていったのは、民権派と呼ばれる議員たちでした。
国権派と民権派についてご興味を持たれた方には、佐高先生の著書である『国権と民権-人物で読み解く 平成「自民党」30年史』(集英社新書)をおすすめいたします。ぜひお読み下さい。
 
今回のテーマとなった世襲についてですが、佐高先生は近年の総理は二世が多く、そして二世議員には自分の考えを持たない者が増えたと危惧しておられました。
自分自身の理念を持たなければ、ある種の流行にのった行動をして飾りとして使われることになります。
担ぐ側の裏方の人間から見て勝手に動かれては困るとなれば、存在は許されても行動は許されないという理念なき政治人生を歩んでいくことになります。
今回のご講演も市民を主体とする権力への抵抗を探り続ける佐高先生らしいお話で、大変興味深く拝聴しました。
 
IMG_1841

Copyright© 2007-2016 Office Koki Kobayashi All rights reserved.